濱本司法書士事務所
@

■ 業務案内
成年後見
成年後見
痴呆症などによる心配。
これからの高齢化社会の事を考えると何か今のうちにこ手を打っておくことはあるのだろうか・・・。

痴呆症などによる心配。
これからの高齢化社会の事を考えると何か今のうちにこ手を打っておくことはあるのだろうか・・・。

認知症、知的障害、精神障害などによって判断能力が不十分となった方々が預貯金や不動産を管理するのは困難なことです。またこのような判断能力が不十分な方々を狙う悪質業者が世間にははびこっています。このような悪質商法等から守り、預貯金や不動産の管理の手助けをし安心して暮らしていけるよう、司法書士が法律面からサポートするのが成年後見制度です。成年後見は、大きく分けて「法定後見」と「任意後見」の2つに分けられます。また「法定後見」「任意後見」ともに法務局に登記されます。
「法定後見」
認知症などにより、判断能力が不十分となった方を保護するため、家庭裁判所が後見人・保佐人・補助人などを選任し、後見人などが代理人となって財産管理等を行っていく制度です。配偶者や親族から家庭裁判所に対して申立をし、後見人などを選任してもらう必要があります。後見人・保佐人・補助人のいずれが選任されるかは、本人の判断能力の状態によって異なります。
「任意後見」
法定後見とは異なり、まだ判断能力があるうちに自分が将来、認知症や知的障害・精神障害により物事の判断能力が不十分になった時のために、自分の代わりに財産管理などをしてくれる人(任意後見人)を選んでおく制度です。自分で後見人を選んでおくことができるので、ご依頼者の意志を十分に尊重することができます。
 
トップb 事務所案内b 業務案内b
Copy right 2006(C) JCN .co.,ltd all rights reserved.